人混みが苦手なあなたにオススメ!都内の穴場デートスポット厳選8




こんにちは。
恋愛専門タロット占い師、双海カオルです。


”恋人とのんびりデートを楽しみたい。
でも人混みは苦手だし、
人が少なくて楽しめる場所ないですか?”


はい、私も人混みは苦手です。


都内はどこへ行っても人だらけですね。
有名なデートスポットはいつも混んでいる。
どこか穴場なデートスポットないかな、
とお探しのあなたへ。


今回は超穴場?!
ゆっくりのんびり楽しめるデートスポットを
ご紹介します。





井の頭自然文化園


井の頭公園は都内のデートスポットとして有名ですね。

井の頭公園の池のボートに一緒に乗ったカップルは別れる?!
と言う噂がありましたが、
私は主人と10年以上前に乗っていますが
未だに別れていませんからきっと大丈夫です(笑)



井の頭公園は都内のお花見スポットそしても有名ですね。
お花見の時期はボートに乗りながらお花見を楽しむのも
風情があって良いです。



さて、今回紹介したいのは井の頭公園ではありません。

井の頭公園の中に動物園があるのはご存じですか?
意外と知らない方が多いようです。

しかも結構広くてのんびりと見てまわれます。
園内にはアートが楽しめる美術館”彫刻館”もありますよ。




動物の種類も多く、
2016年に亡くなるまでは
第二次大戦後タイからやってきたという
アジアゾウのはな子が大人気でした。

69歳で亡くなったはな子は
アジアゾウで国内最高齢だったようです。

亡くなった今では
吉祥寺駅前広場にはな子の銅像が出来てます。



そして子供たちに大人気の
モルモットふれあいコーナー。



この子たちがあまりにも可愛くて
年間パスを買って通い詰めた時期がありました。


一時期子供たちに混ざり一緒にモフモフしていたわけですが、
次第に自分でも買いたくなり
モルモットを飼っていた時期もあります。


ホントに可愛いですよ。
通い詰めてお気に入りの子を探し愛でるのもよし。


動物に触れあうと心が癒されますね。
恋人と一緒にモフモフ♡いかがでしょうか?


井の頭自然文化園

開園時間:9:30~17:00
※ 休園日は月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、
都民の日の場合は、その翌日が休園日)
年末年始(12月29日から翌年1月1日)

料金:一般400円、中学生150円、65歳以上200円
※年間パスポート1600円(65歳以上800円)

場所: 〒180-0005 武蔵野市御殿山1-17-6
アクセス: JR中央線・総武線、京王井の頭線、
     各線の「吉祥寺駅」南口(公園口)から徒歩約10分

公式サイトはこちら




江戸東京たてもの園



こちらも都内のお花見スポットで有名な公園内にあります。

小金井公園内にある江戸東京たてもの園ですが、
マスコットキャラクターの”えどまる”は
スタジオジブリで有名な宮崎駿監督により制作されたものです。

とっても可愛らしい緑の虫、是非サイトでチェックしてみて下さいね!
(ちなみに小金井市のイメージキャラクターの”こきんちゃん”も
宮崎駿監督が制作されました。)



小金井公園の奥にある江戸東京たてもの園。
門構えはとても重みがあり立派です。



ここ初めてくると、
小金井公園内にこんな素敵な施設があったんだ!と
ビックリします。
私も初めて訪れたときは感動しました。

あれからもう何度も来てます。
すっかりお気に入りの場所です(笑)



文化的価値の高い歴史的建造物が移築され、復元、保存されています。
身近で見られるだけではなく、中に入って見学出来たり、
体験できたりします。



建物内にはカフェもあり、
歴史的建造物の中で飲むお茶は格別です。




こちらは建築家の前川國男さんの自邸です。
移築されてそのまま残っています。
もちろん中にも入れます。


懐かしい黒電話。
子供の頃普通に家にありました。




さらに8月には夕涼みイベント。
11月には紅葉と建物のライトアップイベントがあります。



夜間に開園されるため
普段とは違った夜道のたてもの園を歩けます。
ライトアップは風情があってムード満点。


夕涼みイベントでは盆踊りや、
屋台でお食事やお酒も楽しめます。



恋人同士で浴衣で参加してみてはいかがでしょうか。
浴衣で来園すると割引サービスもあるようです。


江戸東京たてもの園

開園時間:4月~9月:9:30~17:30
10月~3月:9:30~16:30
※ 休園日は毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日)
年末年始

料金:一般400円、65歳以上200円、大学生320円、高校生・中学生(都外)200円、 中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童 無料

場所: 東京都小金井市桜町3-7-1
アクセス: JR中央線・武蔵小金井駅下車
西武バス、2、3番のりばより、
「小金井公園西口」下車。徒歩5分 。
JR中央線・東小金井駅下車
CoCoバス(小金井市コミュニティバス)のりばより、
北東部循環「たてもの園入口」下車。徒歩10分。
※各駅から徒歩で約30分。


公式サイトはこちら





KITTE



東京駅の目の前にある商業施設です。
個性あふれるショップが並び、見ているだけでも楽しめます。


KITTEという名前の由来はこちら↓

日本郵政が初めて展開する商業施設である。「KITTE」というネーミングは、“切手”を貼ると郵便として大切な人に想いが届くのと同じように、商品やサービスに「KITTE」という付加価値を加えることで、それらに込められた想いまでもきちんと届けることができる施設でありたいという気持ちを込めて名付けられた。また「KITTE」には“来て”という意味も込められており、商業施設にとって大切な“賑わい”をつくることと、“多くの人に来ていただきたい”という想いを楽しく伝えることを目標に名付けられた。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



館内ではコンサートが行われることも。
画像はクリスマスコンサートの様子です。


2階と3階には”インターメディアテク”という
東京大学総合研究博物館 なるものがあります。
ここが無料?!という程のボリューム満点な博物館です。

併設されているショップでは
東京大学のグッズも販売されています。



そして屋上からの眺めも最高です。
東京駅が上から見れます。




また、東京駅周辺は国際フォーラム

三菱一号館美術館
東京駅内には東京ステーションギャラリーなど。
美術館もたくさんあります。

アートに触れて感性を磨いてみるのも良いですね。


KITTE

営業時間: 物 販 11:00~21:00 (日曜・祝日に限り11:00~20:00)
飲 食 11:00~23:00 (日曜・祝日に限り11:00~22:00)

場所: 東京都千代田区丸の内2-7-2
アクセス:JR東京駅、徒歩1分

公式サイトはこちら






東京都庁展望室


JR新宿駅周辺は人で溢れていますが、
少し外れて西新宿のほうへ歩くとオフィス街となり、
土日、祝日は人があまりいなく
のんびり散歩できます。


そこで私が自信を持ってオススメするのが
東京都庁内にある展望室です。


なかなか近くまで来ることはありませんね。
都庁の規模に圧倒されます。


45階展望室まではエレベーターで昇ります。
土日、祝日ですとエレベーター待ちで15分ほど並んだこともありましたが、
展望室は広いのでそこまで混んでいる感はありません。



展望室からの眺めです。
晴れていると富士山も見えますよ。



都庁近くにある新宿パークタワー
3~4階に入っているTHE CONRAN SHOPもオススメ。



心踊るキュートな雑貨やデザイン性溢れる家具。
見ているだけでも楽しめます。


展望室に行かれた帰りに
寄ってみてはいかがでしょう。




その他、西新宿でひときわ目立つオブジェ。
アメリカの芸術家ロバート・インディアナが制作した”LOVE”です。
SNSで見たことある方も多いはず。
ドラマのロケ地にもなっていました。


新宿アイランドタワー前にあります。



こちらはユックリズム振り子時計。
世界最大の振り子時計として
ギネスに掲載されていたこともあったようです。


新宿NSビル内にありますので
是非探してみて下さいね。


東京都庁展望室

開室時間:9:30~23:00
※休室日は 第2・第4月曜日(北展望室)
第1・第3火曜日(南展望室)

料金:無料

場所: 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁 45階 第一本庁舎
アクセス:JR新宿駅、西口から徒歩10分

公式サイトはこちら





多摩六都科学館




こちらの科学館、展示室、体験コーナーも充実していますが、
何といっても本格的なプラネタリウムが
お手頃価格で楽しめるのがオススメポイント。


プラネタリウムの投映機のケイロンⅡは
最も多くの星を投映するプラネタリウムとして
ギネス世界一に認定されています。


定期的に変わる企画映像に加え、
スタッフの方がその日の夜空に見える星を
丁寧に解説してくれます。



デートの帰りに
夜空を二人で見上げてみるのも良いですね。


多摩六都科学館

開館時間:9:30~17:00
※休館日は公式サイトでご確認ください。

料金:展示室のみ大人500円、子供(4歳~高校生)200円。
観覧券付入館券( プラネタリウムまたは大型映像を1回 )・大人1000円、子供400円。セット券( プラネタリウム1回+大型映像1回 )・大人1400円、子供500円

場所: 東京都西東京市芝久保町5-10-64
アクセス:西武新宿線・花小金井駅下車、徒歩20分。
西武新宿線・田無駅下車、はなバス”第4北ルート”花小金井駅行、多摩六都科学館下車

公式サイトはこちら






西武園ゆうえんち




こちらの遊園地、普通に遊園地としても楽しめますが、
特にオススメしたいのが
夏季期間中、土日、祝日に開催される花火です。


プールの営業時間が終わった後は、
プールサイドが花火観覧場所として開放されます。

意外と知られていないらしく、人が少ない。
開放的に花火が楽しめます。


目の前がプールなのでとても涼しげ。


花火も結構近くで見れます。大迫力。



西武園ゆうえんち

開園時間:季節により異なります。詳細は公式サイトでご確認ください。

料金:入園のみ大人1200円、シニア(60歳以上)600円、子供(3歳~小学生)600円。フリーパス大人2800円、シニア2300円、子供2300円。
※夏季期間中はプール入場券の販売もあります。

場所: 埼玉県所沢市山口2964
アクセス:西武多摩湖線、西武遊園地駅下車

公式サイトはこちら






神代植物公園~深大寺



調布市にある神代植物公園。
駅から離れた場所にありますが、
かなり広い植物園で見どころ満載です。


春、夏は色とりどりの花で賑やかになりますが、
どの時期に行っても何かしらの花が見頃になっています。




大きな温室もあり、
一年中熱帯植物が楽しめます。

可愛らしいサイズのものから、巨大なサボテンまで。
多肉植物の種類も豊富。



特にベゴニアは種類が多く、
ベゴニア専用のお部屋があります。




入園してすぐ左手には
植物専門店があり、
多肉植物から苗木、高山植物まで、
珍しい植物がたくさん販売されています。

植物好きな方には是非オススメしたいお店です。





植物園の隣には深大寺という天台宗のお寺があります。



こちらのお寺の参道がまるで小京都。
古い町並みがとっても良い雰囲気です。


深大寺はお蕎麦で有名。
美味しいお蕎麦屋さんがたくさんあります。


何店舗かで頂きましたが、
どのお店も雰囲気良し。
とても美味しく頂きました。



地ビール”深大寺ビール”もありますよ。

たまにはのんびり、
昼間からビールも良いですね。


神代植物公園

開園時間:9:30~17:00
※休園日は毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は、その翌日) 、
年末年始
料金:一般500円、65歳以上250円、中学生200円( 都内在住・在学の中学生は無料 )、小学生以下無料

場所: 東京都調布市深大寺元町5-31-10
アクセス: JR中央線・三鷹駅からバス2番乗り場、
または吉祥寺駅バス4番乗り場から小田急バス調布駅北口または深大寺行き
「神代植物公園前」下車 。

公式サイトはこちら





昭和記念公園


ラストは立川市にある昭和記念公園。
とても大きな公園です。

こちらも春は桜のお花見スポットになっていますね。


広い公園なので、
お花見は広々と楽しめます。



こちらの公園も毎週何かしらのイベントが開催されています。
丸一日いても楽しめる公園です。



画像はチューリップ祭りの時に撮影したものです。





日本の古き良き時代の田園風景や農村を再現したこもれびの里。

花火大会の日に行ったら、
花火による引火を防ぐため家屋に水をかけていました。


この日にしか見られない光景だそうです。





また12月にはイルミネーションが楽しめます。
広い公園なので混雑も気になりません。

イルミネーションのテーマは毎年変わります。
かなり良い雰囲気ですよ!
屋台も出ます。



クリスマスシーズンのデートにいかがですか?


昭和記念公園

開園時間:季節により異なります。
詳細は公式サイトでご確認ください。
※休園日は 2月の第4月曜日とその翌日、年末年始

料金:一般450円、65歳以上210円、子供(小中学生)無料

場所: 東京都立川市緑町3173
アクセス:JR中央線・立川駅下車、徒歩15分

公式サイトはこちら






いかがでしたか?
どなたかの参考になれば幸いです。

都内にはオススメのデートスポットがまだたくさんあるので
またの機会に紹介出来たらと思います。




  • 相手の気持ちがわからなくて不安。
  • 片思いの彼とどうすれば付き合える?
  • 恋人との相性が気になる。
  • このまま結婚しても大丈夫?

誰にも話せない「恋のお悩み」、私に相談してみませんか?
大好きな彼と相思相愛になれるよう、あなたに「最適なメッセージ」をお伝えします。