ダークな世界観が好きな方へ。妖しげなディビアント・ムーン・タロット




こんにちは。
恋愛専門タロット占い師、双海カオルです。



実際の鑑定で使っているタロットデッキは3種類ほどですが、
コレクション用として所持しているタロットデッキが結構ありまして、
気分転換にたまに出してきて使ったりはしていますが、
やはりいつものデッキに戻ってきてしまいます。



その中でも絵柄が気に入り購入したタロットカード。
DIVIANT MOON TAROT(ディビアント・ムーン・タロット)。


名前の通り非常に個性的で、
ちょっと不気味で異質なタロットカードです。



完成度がとても高く、幻術の域ですね。
サルバドール・ダリの作品で
こんなようなのなかったっけな・・・と。




個人的にお気に入りのカードを紹介していきます。




まずは大アルカナ。
恋人と月。



タロットカードを購入する時に
まずチェックするのが恋人のカード。


こちらの恋人たち、
ちょっと不気味なエロスを感じますね。
夜の香りがします。
このデッキ自体全部夜のシーンですが笑



月のカードは操り人形。
月が人形を操っています。
幻想的でとても美しい月のカードです。







ペンタクル2とペンタクル8。



ペンタクル2の構図がカッコイイ!

ペンタクル8はライダー版と同じ分かりやすい絵柄。
コツコツと地道に努力する職人さん。






ワンドの6とワンドのエース。


ワンドのエース。
絵柄だけ見たらワンドのクイーンかと思いました。

抱いている赤子の表情がちょっと怖い・・・。


ワンドの6は色々な要素が凝縮された
アーティスティックなカード。






カップの2とカップの7。


カップの2、壁ドンしてるんですよ!
不気味なカードなのに温かみを感じる、
そのギャップがお気に入りです。


カップの7はライダー版だと
夢見がちで現実が見えていないといった意味になりますが、
こちらのカップの7はストレートに
”画家として成功する夢”にも見えますね。






ソードの4とソードの6。


ソードのカードはどれも痛々しいカードが多いのですが、
その中でもソードの4は眠れる森の美女のよう。

ソードの6はおとぎ話の一コマのようで、
穏やかなのはこの2枚くらいでした。







箱とカード裏面、
その他付属品です。



カード自体は美しいのですが、
カードの耐久性が少し心もとないような気もします。




コレクション用としていかがでしょうか?

もちろん実占にも。
(カードは少し薄めですが笑)

  • 相手の気持ちがわからなくて不安。
  • 片思いの彼とどうすれば付き合える?
  • 恋人との相性が気になる。
  • このまま結婚しても大丈夫?

誰にも話せない「恋のお悩み」、私に相談してみませんか?
大好きな彼と相思相愛になれるよう、あなたに「最適なメッセージ」をお伝えします。